Home > 解析事例・インタビュー > 新菱冷熱工業株式会社 様

解析事例・インタビュー

新菱冷熱工業株式会社 様
BIMとの効率的な連携で
設計者がCFDを十分に活用できる設備工事会社

エネルギー問題の解決が叫ばれるなか、建築物のライフサイクルにおいて消費されるエネルギーの低減は避けては通れない問題だ。そのためには建築物の空調設計が大きなカギとなる。建築設備の設計・施工において高い実績を持つ新菱冷熱工業は、BIMシステムを構築してCFDを組み込むことにより、設計者自身が解析を行って最適な空調設備を設計できる環境を整えている。

新菱冷熱工業株式会社 技術統括本部
中央研究所 CFDソリューショングループ
主務 深田 賢 氏

 新菱冷熱工業は、さまざまな建築設備の設計、施工を行う、空調設備業界のリーディングカンパニーである。一般建築にとどまらず、工場やプラント、都市全体の空調を管理する地域冷暖房設備などにおいて高い実績を持つ。さらに同社は人と環境の共生をテーマに掲げ、顧客のニーズの一歩先を提案する総合環境エンジニアリング企業を目指している。

 同社では高品質かつ低コストのサービスを顧客に提供するために、約30年前から3D CADの研究・活用に取り組んできた。現在、活用しているのは、同社が独自開発した「S-CAD」というBIM環境である。S-CADはシスプロ製の建築設備向けBIM対応3D CADであるDesignDraftをベースにして開発したものだ。S-CADには、3Dの施工図作成のほかに、3Dレビューや施工シミュレーション、配管などの干渉チェック、静圧・揚程計算や材料集計機能などが用意されている。また3Dレーザースキャナを利用した既存設備の3Dモデル化を行う機能も開発中である。

 S-CADは10年前に社内で活用を始めたと、入社時からCFD活用環境の構築に取り組む技術統括本部 中央研究所 CFDソリューショングループ 主務の深田賢氏は言う。業務の中心となるS-CADについては教育体制を整えており、新入社員は半年間、現場研修を行ったあとに、S-CADの操作や設備設計の基本などについて学ぶ。また社内試験なども用意してレベルアップするための環境も整えている。

新菱冷熱工業のCFD解析体制 (クリックで拡大)

CFDをカスタマイズして効率化


 このS-CADは、空調の比較検討をはじめとする各種の気流解析のために、ソフトウェアクレイドル社のCFDツール「STREAM®」と連携している。同社では年間150件以上のCFD解析を行っている。そのうち約7割を設計者が手がけているという。また設計段階だけでなく、施工や営業の際にも活用されている。近年の傾向としては省エネルギーに関する要望が増えているという。

 20年以上前からSTREAM®を使用してきた同社では、CFDを活用しやすい環境を整え、各拠点の設計者がSTREAM®を使用して解析を実施している。STREAM®は単体でも使い勝手がよいソフトだったという。だが一方、CFDを導入したことによる問題も生じていた。基本的に設計者が解析するため、以前より業務が増えて負担が大きくなる。また、解析者の習熟度により、解析結果に差異が出る可能性も高まる。そこで解析環境の向上や教育システムの整備などCFDツールを習熟するための環境を整えるとともに、STREAM®とS-CADとの連携を進めてきた。

 2008年に解析作業をサポートするための流体シミュレーション(CFD)推進センターを設立。処理能力を上げるために、2010年には中央研究所にHPCサーバーを導入した。そして各拠点からネットワークでライセンスを取得することで、各拠点の設計者がHPCサーバーを通じて解析を行えるようにした。また高度な解析や新規のプログラム作成などについては、中央研究所のCFDソリューショングループが対応しているという。

BIMソフトのS-CADとSTREAM®をシームレスに連携
(クリックで拡大)

 STREAM®とS-CADとの連携については、S-CAD上にSTREAM®のアドインソフト「S-Pre」を開発した。建築設備の設計データおよび関連情報のうち、CFDで必要となる部分だけを取り出して、VBインターフェースを介してSTREAM®に受け渡す。S-CAD上の画面にはCFDに必要な条件を入力するためのツールボタンが用意され、同社の業務に便利なようにカスタマイズされているため解析の準備をスムーズに行える環境を用意している。

 このシステムの開発が始まったのは約5年前の深田氏が入社したころだった。以前から3D CADで作成したモデルをSTREAM®で読み込みたいという要望があったことから、モデル形状をアドインを利用して転用するための取り組みが始まったという。それまでは設計モデルを解析用に改めてSTREAM®上でモデリングし直す必要があった。これでは元の図面から数値を拾ってもう一度入力しなければならないので手間が掛かる。また設計と解析の担当者が異なる場合、作業はさらに大変になり、情報伝達のミスによる手戻りを生じることもあった。だがS-Preで解析に対応できる環境を整えておけば、必要なデータはあらかじめS-CADに格納されているため、設計者から受け渡されたデータを解析者は連係ミスなくそのまま解析に利用することができる。またSTREAM®を使えない人でも解析条件を参照することもできる。

※STREAMは、日本における株式会社ソフトウェアクレイドルの登録商標です。
※その他、本インタビュー記事に記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本インタビュー記事の内容は2014年1月現在のもので、予告なしに変更する場合があります。また、誤植または図、写真の誤りについて弊社は一切の責任を負いません。

プロフィール

 

新菱冷熱工業株式会社
設立 1956年2月23日
所在地 東京都新宿区
資本金 35億円
従業員数 1948名(2013年9月末現在)

ダウンロード

PDF

本インタビュー記事のPDF版をダウンロードできます。

ダウンロード

体験セミナー一覧

関連ソフトウェア製品

関連製品

関連製品
構造格子系汎用三次元熱流体解析システム
製品紹介ページヘ

このページを見た人はこのページも見ています

photo

日本自動車大学校 様

マシン性能やプレゼン力の向上に貢献。学生フォーミュラを強力にサポートするCFDツール

  • SCRYU/Tetra
photo

名古屋市立大学大学院 様

空調システムの効率化ツールをCFDと連成、建築物のライフサイクルを通した省エネへ

  • STREAM
photo

三機工業株式会社

シミュレーション結果を目の前に実在するかのように3D体感できるMRシステムの構築により、イメージどおりの工事を実現

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
photo

株式会社日建設計 様

STREAMを駆使して多様なシミュレーションで設計を支援する組織設計事務所の全社的BIM戦略

  • STREAM

※お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社個人情報保護方針をお読みになり同意の上お進みください。
※頂きましたご質問は、担当部署よりご回答申し上げます。内容によっては回答までに数日かかる場合がございます。
※お問い合わせの内容によっては(例:宣伝・勧誘・売込み等)、ご返信を差し上げられない場合がございます。

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP