Home > 解析事例・インタビュー > 日本自動車大学校 様

解析事例・インタビュー

日本自動車大学校 様
マシン性能やプレゼン力の向上に貢献、学生フォーミュラを強力にサポートするCFDツール

日本自動車大学校は、マシンの性能やデザイン設計から、コスト計算、量産計算、プレゼンテーションまで自動車開発に関連するあらゆる能力が試される「全日本学生フォーミュラ大会2013」に出場。4度目の参加ながら7位という好成績を収めた。大会への出場にあたっては、ソフトウェアクレイドルの解析ツールSCRYU/Tetra®も活用された。走行性能の向上やプレゼンテーションの場面において大いに役に立ったという。

写真1 第11回全日本学生フォーミュラ大会

 日本自動車大学校は1989年に設立された自動車産業に関する専門教育機関であり、関連する幅広い分野の教育コースを設置している。2年制の自動車整備 科に加えて、3年制のカスタマイズ科およびモータースポーツ科、そして4年制の自動車研究科がある。自動車整備科は自動車整備士を目指した勉強と実習を行 う。カスタマイズ科ではオリジナルデザインの車体を制作、車検を取得して公道を走行、モータースポーツ科はレース参戦やチーム運営について学ぶなどユニー クな内容だ。また自動車研究科では、自動車整備の最高資格である一級自動車整備士コース、CATIA V5やThinkDesignを駆使しながら設計などを学ぶ3D-CAD設計製造コース、経営やマーケティング手法などについて学ぶマネージメントコースが用意される。

 一方設備の充実度でもトップクラスだ。全長1.2kmのサーキットコースをはじめ、1.5kmのダートコースといった各種テスト場やセルフメンテナンス室など、車の好きな学生にとっては実践と結び付けて学ぶ場としてこの上ない環境が整っている。また各種競技大会や企業の出展する展示会にも参加するなど学外の活動も多い。東京モーターショー2013に出品した、超小型モビリティ規格でスポーツカータイプのEVカーは、さらに全国のカスタムカーが集う東京オートサロン2014に出品され、すべてのカスタムカーのなかでグランプリという快挙を成し遂げている。

さらなる高得点を目指しCFDを導入

 同校が全日本学生フォーミュラ大会(写真1)の車体に流体解析ツール「SCRYU/Tetra®」を使い始めたのは、2011年ごろのことである。学生フォーミュラとは、学生自らがフォーミュラスタイルの小型レーシングカーを設計、制作、さらにコスト計算や車両に関するプレゼンテーションを行うといったタイム計測にとどまらない総合力を競う大会だ。産業としての車づくり全体を擬似的に体験してもらうことを目的としている。アメリカで始まった学生フォーミュラが発祥で、日本では自動車技術会が主体となって2003年に始まった。2013年の大会には国内外の大学や高専、そして大学校などから数十校が参加し、登録者数は4738人にのぼった。

写真2 1000ページを超す量のコストレポート

 実際の競技は5日間行われ、たいてい1年前から学校ごとにチームを組んで準備をスタートする。当日は車検にパスしたうえで、静的審査と動的審査を受ける。静的審査は、車両を作る過程の評価であり、コスト、デザイン、プレゼンテーションの3つに分けられる。コスト審査は、事前にネジ1本単位の部品や材料、人件費などについてまとめた厚さ10cm以上、1000ページを超すコストレポート(写真2)を提出し、それに沿った質問やチェックが行われる。デザイン審査は、設計思想や製造技術、設計の適切さや革新性などが評価される。そしてプレゼンテーション審査は、「製造会社の役員に対し車両が設計上優れていることを確信させる」という仮想のシチュエーションで、学生のプレゼン力をみるといったものだ。

写真3 日本自動車大学校 教頭 林 英伸 氏(右)
自動車研究科 3D-CAD設計製造コース 村上 翔 さん(左)

 一方、動的審査が実際にマシンを走らせて走行性能をみる審査だ。内容は加速性能およびコーナリング性能、オートクロス、最後に約22kmの耐久レースであるエンデュランスを行い、タイムや信頼性、燃費などを測定する。

 教頭の林英伸氏(写真3右)は、フォーミュラカーにCFDツールを導入しようと考えたのは、作ることや動的審査には目処が立ったものの、静的審査に対してはまだ伸び代があると感じでいた。構造解析はすでに導入していたので、次はボディ形状やエンジンに対してしっかりとした根拠を明らかにした上で性能向上を図り、さらにプレゼンテーションでも最終形状に至った理由としてCFDの解析結果をグラフィックで示せば格段に相手に伝わりやすく説得力が増す。さらなるレベルアップを図るために、流体解析ツールのSCRYU/Tetra®を使用することにしたという。

少数精鋭で大会に挑む

写真4 2013年大会参加マシン(FFN-04)

 SCRYU/Tetra®を活用して設計したマシンが、2013年大会参加の「Formula Factory NATS-04(FFN-04)」(写真4)だ。スペックは全長が2296㎜、全高1313㎜、重量は260kg。最高出力は54.5kW(11410rpm時)、最高トルクは46.4Nm(700rpm時)、排気量は599ccである。初出場の2010年は46位だったが2011年は21位、2012年は9位、そして2013年の大会では7位まで上り詰め、自動車大学校の中では3年連続で1位という結果となった。回を重ねるにつれボディが流線形になっていくなど、マシンの進化している様子がうかがえる。

 「今回のコンセプトはトラブルレスと軽量化でした」と2013年大会で流体解析を一人で担当した自動車研究科3D-CAD設計製造コースの村上翔さん(写真3 左)は話す。トラブルレスとは、不具合の起こる要素をできるだけ減らし、完全なコンディションをなるべく長く維持するということだ。そのために構造の単純化に取り組んだ。また軽量化は、燃費、加速、回転やコーナリングといった車の性能を上げるためにとても重要な要素だ。このためネジ1本のレベルで重量削減に取り組んだという。

 実際の作業では、実は前年の33人から13人と大幅にメンバー数が減ったそうだ。これにより制作スピードが遅くなると考え、前年の部品の流用や似た部品の共通化を行った。例えばベルクランクという部品はサスペンション付近に4つあるが、前年は前後で違う形を取っていたのをすべて共通化した。ほかに大変だったのは、製作工程が最初に予定していた時期から後ろにずれ込んでいったことだ。部品の精度出しについても、形状や位置ずれなどの修正を直前まで繰り返したという。それでも今回の取り組みと前年までの蓄積によって、7位という過去最高の順位を獲得した。「少人数で大変だったがその分濃い1年だった」と林氏も笑顔で振り返った。
 

※SCRYU/Tetraは、日本における株式会社ソフトウェアクレイドルの登録商標です。
※その他、本インタビュー記事に記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本インタビュー記事の内容は2014年1月現在のもので、予告なしに変更する場合があります。また、誤植または図、写真の誤りについて弊社は一切の責任を負いません。

プロフィール

 

日本自動車大学校
創立年 1989年
設置者 学校法人日栄学園
学校種別 専門学校
所在地 千葉県成田市
学科 自動車整備科
カスタマイズ科
モータースポーツ科
自動車研究科

ダウンロード

PDF

本インタビュー記事のPDF版をダウンロードできます。

ダウンロード

関連ソフトウェア製品

関連製品

関連製品
非構造格子系汎用三次元熱流体解析システム
製品紹介ページヘ

このページを見た人はこのページも見ています

photo

新菱冷熱工業株式会社 様

BIMとの効率的な連携で 設計者がCFDを十分に活用できる設備工事会社

  • STREAM
photo

アズビル株式会社 様

キャビテーションモデルなど最新機能を活用。調節弁の小型化・低騒音化を実現

  • SCRYU/Tetra
  • CADthru
photo

株式会社本田技術研究所 様

徹底した社内ベンチマークでCFDツールを決定 量産開発の効率化に成功

  • SCRYU/Tetra
photo

東海大学 様

学生が中心となってソーラーカーの空力解析を実施

  • SCRYU/Tetra
  • CADthru

※お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社個人情報保護方針をお読みになり同意の上お進みください。
※頂きましたご質問は、担当部署よりご回答申し上げます。内容によっては回答までに数日かかる場合がございます。
※お問い合わせの内容によっては(例:宣伝・勧誘・売込み等)、ご返信を差し上げられない場合がございます。

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP