Home > 解析事例・インタビュー > 株式会社本田技術研究所 様

解析事例・インタビュー

株式会社本田技術研究所 様
徹底した社内ベンチマークでCFDツールを決定
量産開発の効率化に成功

本田技術研究所 二輪R&Dセンターでは、世界に展開する量産バイクの基幹部分における流体解析にSCRYU/Tetra®を採用している。同ツールの採用は、徹底した社内ベンチマークの結果、決まったものだという。はじめに適用対象だった箇所での開発効率化に成功し、さらに活用範囲を拡大している

写真1  ​株式会社本田技術研究所
二輪R&Dセンター 第2商品開発室
第2ブロック ​野村 友和 氏

 本田技術研究所 二輪R&Dセンターは、世界に出荷されるホンダの量産バイクに関する研究開発の一切を担っている研究所だ。部署はエンジン部門や車体部門、基礎研究部門などに分かれる。SCRYU/Tetra®を活用する野村友和氏(写真1)が所属するのは、バイクの心臓部であるエンジン部分を開発する第2開発室の中の第2ブロックで、量産開発にCAEを適用したり、CAEなどに関する技術開発などを行ったりしている。同開発室では、エンジンの吸排気ポートの解析を行うためにSCRYU/Tetra®を導入。その後、エンジン冷却水の流れやポンプの効率を検証するといった用途にも活用を広げているという。

​ バイク開発の全体の流れとしては、まずコンセプトを決定ののち、そのコンセプトを満たすために必要な性能を、エンジンなど個別の部品ごとに決めていく。続いてその性能を満たすための仕様を検討し、形状の決定、試作、量産へと続いていく。ニーズは時によって様々に変わるため、ニーズに応じた製品をタイムリーに出すことを重視していると野村氏は言う。

社内で複数のCFDツールを検証

 SCRYU/Tetra®を導入したのは2005年ごろだ。当時、解析対象として想定していたのはエンジンの吸排気ポートだったという。吸排気ポートはエンジンの性能を大きく左右する。そのため開発においては頻繁に試作を繰り返す箇所だという。そこでもっと効率よくかつ精度の高い開発を行い、試作回数を減らせないかということで、CFDの導入を検討し始めた。ちょうど野村氏が入社したころのことであり、野村氏もその検討に加わったそうだ。

図1 燃焼室周辺部 エンジンカットモデル
(クリックで拡大)

 同開発室がCFDツールに求めていたことは、精度がよく、かつ同開発室の解析対象と相性のよいものだった。この導入検討において特筆すべきなのが、自社で7つもの解析ツールの比較検証を行ったことである。解析とあわせて実験も行いそれぞれの結果を突き合わせながら、必要な精度を満たしたうえで同開発室に合ったものを探していった。検証には2年近くかかったそうだ。その結果SCRYU/Tetra®が選ばれたという。

精度・解析時間・コストのバランスが決め手に

 SCRYU/Tetra®を選んだ理由の一つは、まずもちろん必要な精度を満たしていたことだ。さらに、比較的解析速度が速かったことが挙げられるという。「いくら精度がよくても、時間が掛かりすぎては量産開発には使えません」(野村氏)。また価格が高すぎないことも条件だった。そのため、精度は十分に満たしつつ、ある程度短時間で解析でき、コスト面でも適切という条件にSCRYU/Tetra®が一致したのだという。

​ またメッシャーについて、他社は別ソフトウェアになっており使い勝手が悪かったが、SCRYU/Tetra®は一つにパッケージ化されているのがわかりやすかったという。さらにオートメッシャーで境界層要素をきちんと入れられるものも当時はあまりなかったそうだ。これは使いやすさの点でポイントが高かったようだ。また「当時から力を入れていたのでしょうか。ポストの結果表示もさまざまな種類があり、結果をほかの人にも伝えやすかったです」と野村氏は言う。当時、流体解析の結果は他の人に伝えづらかったそうで、有効な機能だったようだ。これらをふまえてトータルでバランスがよく使いやすかったことが、SCRYU/Tetra®選択の決め手になった。

​ 一方サポートも評価項目の一つだったそうだが、担当者のレスポンスが非常によく、丁寧な対応だったという。またバージョンアップが定期的に行われることも条件だった。なぜなら解析ツールは常に現状に留まるのではなく、より精度よく使いやすいソフトへと進化してほしいか らだ。ソフトウェアクレイドルは定期的にバージョンアップを行っており、その点でも問題はなかった。これらの理由により、7つの解析ソフトの中からSCRYU/Tetra®が選ばれた。​

 

※SCRYU/Tetraは、日本における株式会社ソフトウェアクレイドルの登録商標です。
※その他、本インタビュー記事に記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本インタビュー記事の内容は2014年1月現在のもので、予告なしに変更する場合があります。また、誤植または図、写真の誤りについて弊社は一切の責任を負いません。

プロフィール

 

株式会社本田技術研究所
設立 1960年
事業内容 株式会社本田技術研究所
代表者 代表取締役社長 山本 芳春
本社 埼玉県和光市
資本金 74億円
URL http://www.honda.co.jp/RandD/

ダウンロード

PDF

本インタビュー記事のPDF版をダウンロードできます。

ダウンロード

関連ソフトウェア製品

関連製品

関連製品
非構造格子系汎用三次元熱流体解析システム
製品紹介ページヘ

このページを見た人はこのページも見ています

photo

アズビル株式会社 様

キャビテーションモデルなど最新機能を活用。調節弁の小型化・低騒音化を実現

  • SCRYU/Tetra
  • CADthru
photo

株式会社ミサワホーム総合研究所 様

風や日光を取り入れる先人の知恵を現在のテクノロジーと融合し適用する「微気候デザイン」の実現をサポート

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
photo

株式会社日建設計 様

STREAMを駆使して多様なシミュレーションで設計を支援する組織設計事務所の全社的BIM戦略

  • STREAM
photo

いすゞ自動車株式会社 様

VBインターフェースの活用でエンジン部品の設計解析を自動化

  • SCRYU/Tetra

お問い合わせ

この記事に関するお問い合わせは、株式会社ソフトウェアクレイドル 営業部 (大阪:TEL 06-6343-5641 東京:03-5435-5641)または、下記フォームより、お問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP