Home > 解析事例・インタビュー > 株式会社WindStyle 様

解析事例・インタビュー

株式会社WindStyle 様
より実務の精度を増し、より身近な世界に広がりを見せる風をシミュレーションする

複雑な風の流れを見極め、建築物および周辺環境への影響をシミュレーションする。以前は大規模な設備と時間を要し、一部の専門家だけに委ねられてきた風洞実験が主流であったが、熱流体解析を行うコンピュータシミュレーションによってその一部が取ってかわられようとしている。

現在は両者のメリットを融合して使っていくことが求められるが、熱流体解析ソフトウェアSTREAM®を長年使っているWindStyleの松山哲雄氏は、さらに先もイメージして活用している。
STREAM®を使って、風をポジティブに捉えることで、設計プロセスや建築物はどのように変わるのだろうか。

写真1 株式会社WindStyle
代表取締役社長 松山 哲雄 氏

STREAM®で建築物にまつわる風のシミュレーションを行う

 風工学に関するコンサルティングを行うWindStyle。同社代表取締役社長の松山哲雄氏は、学生時代は日本大学生産工学部建築工学科で風工学を研究する丸田榮藏教授に師事し、風洞実験によるシミュレーションに携わっていた。熱流体解析ソフトウェアSTREAM®に出会ったのは、松山氏が風工学の研究職で1998年に就職した大手ゼネコンの熊谷組。「技術研究所で導入していたものの、あまり有効には使われていませんでした。自分で扱い始めると、当時はコンピュータの性能が追いついていなかったので“おもちゃ程度”の印象でしたが、面白いとのめり込むようになりました」と松山氏は振り返る。その後も使い続け、「当時は頑張っても100万メッシュ程度で全体の大まかな傾向を捉えるだけでしたが、可能性は十分に感じていました。将来は風洞実験との立場が逆転するだろうと考えたのです」。2003年に、松山氏は独立。会社設立後もSTREAM®を使える環境を整え、風にまつわるコンサルティング業務を行なっている。

 これまでの主な業務内容は、マンションやオフィスビルなどの高層建築物が建つ際に起こるビル風の評価である。大手不動産業者やゼネコンからの依頼を受け、新規で建物をつくった際の前後について、風の変化のシミュレーションを行い、結果を報告。改善・変更を提言している。
 

図1 計画建物とその周辺の3Dモデル

 STREAM®で解析する場合、建設予定地の建物を中心として、風の性状を再現する上で最低限必要な半径300〜400m程度の範囲で、建設する建物、周辺の建物、樹木、地形などを再現する。計画建物の近傍をより高精度につくり込むが、計画建物が大きくなるほど、つくり込む範囲は広げるのが一般的だ。松山氏は、前提条件となるこの作業を正確さを期し、入念に行うことをモットーにしている。市販の航空測量データやGoogleEarthも参考にしながら、周辺調査は自らまたはスタッフが行い、周辺環境を写真で多く記録。集めた資料をもとにして、総合的にSketchUpでモデリングを行う。このモデリングデータをSTL形式に変換し、STREAM®のプリソフトでメッシュを作成、解析を行うという手順を経る(図1、2)。

 風環境については、年間での強風の発生頻度から判定する「村上評価」を使用。1日のうちで最大瞬間風速が10・15・20m/sを超える日数を予測し、それらの日数によりランク1から4の評価を付けるというものだ。このためにモデルをつくり、16方位についてSTREAM®でシミュレーションを実施する。建物をつくる前と後の状態で行うため、解析は少なくとも合計32ケースにのぼる。
 

図2 作業フロー

※STREAMは、日本における株式会社ソフトウェアクレイドルの登録商標です。
※その他、本インタビュー記事に記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本インタビュー記事の内容は2014年10月現在のもので、予告なしに変更する場合があります。また、誤植または図、写真の誤りについて弊社は一切の責任を負いません。

プロフィール

 

株式会社WindStyle
設立 2003年12月
事業内容 風工学分野の研究開発、および関連技術サービスの提供等
代表者 代表取締役社長 松山 哲雄
所在地 本店:新潟県新潟市、習志野STUDIO:千葉県習志野市

ダウンロード

PDF

本インタビュー記事のPDF版をダウンロードできます。

ダウンロード

体験セミナー一覧

関連ソフトウェア製品

関連製品

関連製品
構造格子系汎用三次元熱流体解析システム
製品紹介ページヘ

このページを見た人はこのページも見ています

photo

パナソニック株式会社 様

業界最小となるBD用光ディスクドライブの開発に熱流体解析を活用 燃料電池システムなどのエネルギー分野へ適用を広げる

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
photo

東京文化財研究所 様

文化財の保存で重要な温湿度管理にCFDを活用し省エネにも役立てる

  • STREAM
photo

名古屋市工業研究所 様

地域企業の課題解決を熱解析ツールでサポート 試験業務の精度検証にも活躍

  • STREAM
  • 熱設計PAC
  • SCRYU/Tetra
photo

株式会社日建設計 様

STREAMを駆使して多様なシミュレーションで設計を支援する組織設計事務所の全社的BIM戦略

  • STREAM

※お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社個人情報保護方針をお読みになり同意の上お進みください。
※頂きましたご質問は、担当部署よりご回答申し上げます。内容によっては回答までに数日かかる場合がございます。
※お問い合わせの内容によっては(例:宣伝・勧誘・売込み等)、ご返信を差し上げられない場合がございます。

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP