Home > 解析事例・インタビュー > 日立水戸エンジニアリング株式会社 様

解析事例・インタビュー

日立水戸エンジニアリング株式会社 様
リアルタイムに熱問題を解決
設計者がすぐにアイデアを試せる環境こそが強さの秘訣

[前編] 日立水戸エンジニアリングは、エレベーターをはじめとする様々な製品の開発をエンジニアリング面で支援している。その設計現場、設計初期段階において、無駄を省き効率化を図ることをめざし、熱設計プロセスのシミュレーションにソフトウェアクレイドルの製品を活用している。最新の技術と蓄積した経験で今もなお成長を続ける同社に話を伺った。

写真1 日立水戸エンジニアリング株式会社
制御システム設計部 回路システム設計グループ
有水 尚久 氏

 日立水戸エンジニアリングは、社会インフラの中で重要な役割を果たすエレベーターやエスカレーター、鉄道交通に関連する幅広い分野でのモノづくりを、エンジニアリング業務でサポートしている。エレベーターやエスカレーターは、標準化されたモノづくりによって支えられながら、さらには顧客の要望や建築設備にあわせたカスタマイズが必要となる。その要望に対し、デジタル・エンジニアリング技術を駆使して効率的に設計し、合理的に配置された設備で製造、そして徹底的な検査を行い、顧客満足度の高い製品を提供し続けている。これらの業務を行うために先進技術をいち早く取り入れ、数多くのツール、検査装置、ITシステムを活用している同社が、熱解析のパートナーとしてソフトウェアクレイドルを選んだ理由は一体何だったのか。

設計現場の熱問題を一手に解決

 「基板設計、構造設計、CAEといったモノづくりに必要な業務は、ある程度経験してきたように思います。」そう語る有水尚久氏(写真1)が所属する制御システム設計部 回路システム設計グループでは、日立水戸エンジニアリングの中で主に各製品のプリント基板設計を行っている。有水氏は現在、熱解析を専任して業務に取り組んでおり、プリント基板設計における業務フローとしては、回路設計、基板設計、そして熱解析となるそうだ。今では設計現場の熱問題を一手に引き受けている有水氏だが、現在のスタイルを構築するまでにはどのような紆余曲折があったのだろうか。「CAEを業務で担当するようになった頃は、それこそメッシュ作成することすら一苦労で、分からないことだらけでした。当初は有限要素法の解析ソフトウェアで対応していたのですが、なかなかうまく活用できませんでした。そんなときに出会ったのがソフトウェアクレイドルだったのです。」(有水氏)

パートナーシップを大事に

 ソフトウェアクレイドルから勧められた熱設計PACとの出会いによって、熱解析への印象は大きく変わったという。他社の解析ソフトウェアとも並行して評価していく中で、従来のボトルネックであったメッシュ作成や計算時間の問題が熱設計PACによってすべて解決することに驚くとともに、その利用時のサポート体制の良さも、導入に至る大きな決め手であったそうだ。ソフトウェアベンダーのサポートに、お互いに腹を割って本音をぶつけ合うことのできるパートナーシップを求めていた有水氏にとって、ソフトウェアクレイドルの技術者とのやりとりは非常に心地の良いものであったという。「やはり国内製品のソフトウェアであるということは、とても大きいです。導入後も、熱解析の現場で必要となっている様々な要望を伝えましたが、基板ガーバーデータを用いた解析、斜めファンモデル、といった解析機能が搭載され、非常に助かりました。」(有水氏)

図1 DR(デザインレビュー)の一コマ ※クリックで拡大

設計者の声から生まれたPICLS®

 そんな有水氏が現在取り組んでいるのが、PICLSを用いた各設計者への熱設計支援だ。実は、このPICLSの開発にも有水氏とソフトウェアクレイドルとのやりとりが大きく関わっているという。「常々、設計者から熱問題の相談を受けているうちに、もし相談を受けているその場で、改善案をリアルタイムで熱解析結果ごと提示することができたら、こんなに助かることはないと考えていました(図1)。もちろん、その後の工程においてSTREAMを用いた熱流体解析も行っているのですが、基板設計者が初期の段階で、様々なアイデアをストレスなく試すことのできる重要性を、誰よりも痛感していたのです。」(有水氏)同様にソフトウェアクレイドル社内においても、以前よりそのニー ズの重要性を感じていたため、様々な議論を経て開発が決定したという。

図2 サンプル基板の作成~実測とシミュレーションの比較 

※クリックで拡大

 開発を進めるにあたっては、設計現場での実用性を意識して、ソフトウェアクレイドルの技術者がプリント基板の設計を体験することもあったという。プリント基板とは何か、から始まり、配線入力の仕方、部品実装状態などのレクチャーだけでなく、実際にサンプル基板の作成~実測検証(図2)まで行われたという。どのようなソフトウェアであれば幅広くユーザーに好まれるのか、そして、どうすれば解析モデルの作成が容易になるのか、有水氏からの提案をもとに検討を重ねていったそうだ。

※STREAM、熱設計PAC、PICLSは、日本における株式会社ソフトウェアクレイドルの登録商標です。
※その他、本インタビュー記事に記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本インタビュー記事の内容は2015年6月現在のもので、予告なしに変更する場合があります。また、誤植または図、写真の誤りについて弊社は一切の責任を負いません。

プロフィール




​​

 

日立水戸エンジニアリング株式会社
設立 1967年3月18日
事業内容 エレベーター・エスカレーターの設計・検査・製造業務請負・支援
鉄道交通システムの設計・製作・検査・支援
ビルシステムの設計・製造請負・支援 ほか
代表者 取締役社長 齋藤 国壽
所在地 茨城県ひたちなか市
URL http://www.himec.co.jp/

ダウンロード

PDF

本インタビュー記事のPDF版をダウンロードできます。

ダウンロード

体験セミナー一覧

関連ソフトウェア製品

関連製品

関連製品
構造格子系汎用三次元熱流体解析システム
製品紹介ページヘ

関連製品

関連製品
電子機器筐体、放熱部品の熱解析専用パッケージ
製品紹介ページヘ

関連製品

関連製品
基板専用リアルタイム熱解析ツール
製品紹介ページヘ

このページを見た人はこのページも見ています

photo

東京理科大学 工学部 建築学科 様

暖房から喫煙室まで人の快適性をシミュレーションする

  • SCRYU/Tetra
photo

株式会社ミサワホーム総合研究所 様

風や日光を取り入れる先人の知恵を現在のテクノロジーと融合し適用する「微気候デザイン」の実現をサポート

  • STREAM
  • SCRYU/Tetra
photo

ペイエット 様

建築設計とエネルギーモデリングプロセスを加速させるCFDツール

  • STREAM
photo

新菱冷熱工業株式会社 様

BIMとの効率的な連携で 設計者がCFDを十分に活用できる設備工事会社

  • STREAM

※お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社個人情報保護方針をお読みになり同意の上お進みください。
※頂きましたご質問は、担当部署よりご回答申し上げます。内容によっては回答までに数日かかる場合がございます。
※お問い合わせの内容によっては(例:宣伝・勧誘・売込み等)、ご返信を差し上げられない場合がございます。

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP