Home > 製品サービス > CADthru 製品紹介

製品サービス

CADthru® 製品紹介

CADthru® 特徴

CADthru® は、CADデータの診断と異常箇所を自動修正するほか、微細部品、隙間などの自動除去機能など、詳細に作られているCADデータをCFD用に変換する機能も持っています。

さらに、SCRYU/Tetra®で利用する体積領域や境界条件面などの設定、通常は固体部分が作られているデータからの流体領域の抜き出しなど、SCRYU/Tetra®で計算するための基本データとしての出力も備えています。

CADthru

こんな場合におすすめです
  • デザイン系CADで作成されたサーフェスモデル
    ⇒中身が詰まった領域/中空領域を認識できない
  • 樹脂やパッキンなど隙間を埋める部材はCADで表現されない
    ⇒隙間や穴が、解析で得られる現象に影響
  • 大量の詳細部品
    ⇒解析規模が大きくなりすぎてしまう・・・など

問題箇所の自動チェック&診断レポートや、ウィザードに従い対話形式でわかりやすく進められる自動修復機能以外にも、用途に応じた豊富なデータ編集機能を搭載し、CADへの手戻りをなくします。
 

CADthru

CADthru作業イメージ

主な機能

自動クリーニング機能

自動クリーニング機能

CADデータの異常箇所を自動診断し、検出された干渉面や多重辺を自動で修復します。

流体領域の抜き出し機能

流体領域の抜き出し機能

通常CADで設計されるのは部品形状ですが、流体解析ではその部品に囲まれて作られる『流体が存在する領域』を必要とします。中空領域の取り出し機能を用いて、CADデータから流体領域を自動作成します。

物性・領域の自動定義

物性・領域の自動定義

CAD上で設定された部品の名前や色情報を継承し、自動で物性定義や解析条件の設定領域として対応付けが可能です。部品点数が多い場合や、ケーススタディを繰り返す場合に、効率的に設定を行えます。

製品構成

CADthru® 
ユーザーズガイド(電子版)
サンプルデータ

※これらの製品は製品インストーラ(ダウンロード)により提供されます。

対応フォーマット一覧

ファイル 拡張子
CATIA V5 CATPart, CATproduct, CGR
CATIA V4 model, exp, session, dlv, dlv3
Creo Elements/Pro(Pro/Engineer) prt, asm, xpr, xas
SolidWorks sldprt, sldasm
NX prt
SolidEdge par, psm, asm
Inventor ipt, iam
ACIS sat
Parasolid x_t, xmt_txt, x_b, xmt_bin
STEP stp, step
IGES iges, igs
VDAFS vda
STL stl
DXF dxf

※CADシステム名は一般に各社の商標または登録商標です。

製品カタログ ダウンロード

熱流体シミュレーションソフトウェアの株式会社ソフトウェアクレイドルが開発・販売している全てのソフトウェア製品を掲載したカタログをPDF形式でダウンロードいただけます。
 

[PDF3.20MB|2016.11月改定版]

ソフトウェアクレイドル製品案内

CADthru®を使用した活用事例
アズビル株式会社 様

photo

キャビテーションモデルなど最新機能を活用。調節弁の小型化・低騒音化を実現

  • SCRYU/Tetra
  • CADthru
東海大学 様

photo

学生が中心となってソーラーカーの空力解析を実施

  • SCRYU/Tetra
  • CADthru

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせは株式会社ソフトウェアクレイドル 営業部 (電話:TEL 06-6343-5641)または、下記フォームより、お気軽にお問合せください。

製品に関するお問い合わせ

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP