cradle

機能紹介

ポリヘドラルメッシャー

物理現象を解析するにあたり、物理量の変化を求めるために要素を空間に配置します。

scFLOWは、この要素としてポリヘドラル(任意多面体)を採用しています。
ポリヘドラル要素を使うことで、要素中心型ソルバーの安定性と計算精度が向上します。

scFLOWpreでは目標要素数に従った要素の作成や流れの変化が激しくなるような壁面付近の要素を自動で細かくすることができます。また、各部品や領域ごとに粗密の指定もできる自動メッシャーです。

ポリヘドラルメッシュの分布イメージ、ポリヘドラル要素

以下のような手順で、次のようにしてポリヘドラルメッシュが自動で作成されます。

配管内流路のメッシュ作成例

機能紹介一覧へ戻る

その他の機能

体験セミナー一覧

製品カタログ ダウンロード

V13製品カタログ [2017.1月改定版]ダウンロード [PDF/3.05MB]

熱流体シミュレーションソフトウェアの株式会社ソフトウェアクレイドルが開発・販売している全てのソフトウェア製品を掲載したカタログをPDF形式でダウンロードいただけます。

ダウンロード