Home > 技術情報・コラム > 岡さんの「混相流は流体シミュレーション解析で勝負!」 > 第13回

技術情報・コラム

岡さんの「混相流は流体シミュレーション解析で勝負!」 第13回

解析事例 - チョコレートファウンテン

 今回は解析事例のみをご紹介いたします。パーティー会場で見かけるチョコレートファウンテンを VOF法 で解析しました。

 チョコレートの物性は 密度 1000 kg/m3 粘度 0.10 Pa·s(溶けたチョコレート自体はもっと大きな粘度ですが、流れやすくなるようにチョコレートにクリームなどを混ぜます)、 表面張力 は0.07 N/mに設定しています。また、 接触角 は60°に設定しています。

 図13.1はチョコレートファウンテンの作動開始から1.2秒までの様子です。開始時に見られる、つらら状のチョコレートの柱が再現できていることがわかります(時間を5倍遅くして動画作成しています)。残念ながら、チョコレートの液膜を形成するには膨大な計算時間が必要となります。


図13.1 チョコレートファウンテン


 チョコレートファウンテンは家庭用も市販されています。ご家族やご友人と楽しまれてはいかがでしょうか。

< 第12回 粒子追跡法(6) 第14回 結露解析(1) >
岡森
著者プロフィール
岡森 克高 | 1966年10月 東京都生まれ
慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 応用化学専攻 修士課程修了
日本機械学会 計算力学技術者1級(熱流体力学分野:混相流)
日本酸素(現 大陽日酸)にて、数値流体力学(CFD)プログラムの開発に従事。また、日本酸素では営業技術支援の為に商用コードを用いたコンサルティング業務もこなす。その後、外資系CAEベンダーにて技術サポートとして、数多くの大手企業の設計開発をCFDの切り口からサポートした。これらの経験をもとに、現職ソフトウェアクレイドルセールスエンジニアに至る。

-- 最後までお読みいただきありがとうございます。ご意見、ご要望などございましたら、下記にご入力ください --



※お問い合わせの際には、ご所属、ご氏名など、個人情報を正しくご記入ください。
 ハンドルネーム等、匿名および連絡先が不明の電子メールは回答いたしかねる場合がございますのでご了承ください。

※お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社個人情報保護方針をお読みになり同意の上お進みください。

※お問い合わせの内容によっては(例:宣伝・勧誘・売込み等)、ご返信を差し上げられない場合がございます。
 また、内容によっては回答までに数日かかる場合がございます。

※当社からお答えした内容は、問い合わせ頂いた法人と個人の方へお答えした内容につき、
 その全部または一部を他の方へ開示する行為は堅くお断りしております。

基板専用リアルタイム熱解析ツール PICLS

TOP