Cradle

 
  1. TOP
  2. 製品
  3. scFLOW

scFLOW

State of the art & Practical


あなたがCFDツールに求めるものは
何ですか?

その答えがここにあります。

開発背景

 

設立30年以上に渡り、熱流体解析の分野における
ソフトウェアの開発に専念してきたソフトウェアクレイドルが
2016年に新たにリリースしたscFLOW。

従来比3倍(最大)の計算スピードと安定性を持つ新ソルバーと、
初心者でも複雑なモデル構築と高品質なメッシュ作成が可能な新プリプロセッサーを搭載し、
同社の次世代ソフトウェアとして今後もさらなる進化を遂げる予定です。

今回は、scFLOWの開発を担当した技術部の2人に開発背景や
今後の展望についてインタビューをしました。

開発者一覧

SCRYU/Tetraの長所を残しつつ新しいソルバーとしての特徴を生かす

株式会社ソフトウェアクレイドル
開発部 入江 智洋

インタビューを読む

一貫性のあるインターフェースと、柔軟に機能追加が行える実装を実現

株式会社ソフトウェアクレイドル
開発部 水野 高志

インタビューを読む

機能紹介

scFLOWを使用した活用事例

パナソニック エコシステムズ株式会社 様

パナソニック エコシステムズ株式会社 様

良質な室内空気環境を追求するための解析イノベーション パナソニック エコシステムズ株式会社は、長年、...

新潟県工業技術総合研究所 CAE研究室 様

新潟県工業技術総合研究所 CAE研究室 様

写真左から専門研究員 片山 聡氏/主任研究員 本田 崇氏/主任研究員 村木 智彦氏/専門研究員 須貝...

ヤマハ発動機株式会社様

ヤマハ発動機株式会社様

写真1 2018年 MotoGPマシン「YZR-M1」とライダー/マーベリック・ビニャーレス(左)、...